マザーリングチェア

5725.jpg


ブロカントでこの椅子を見たとき座面の低さから、子供用?にしてはサイズが大きめだし、教会のお祈り用?でも形が違うし・・・。で、聞くところによるとマザーリングチェアで、赤ちゃんの授乳によく使われていたんだそうです。座面が低いと脚と胸元が近くなり授乳しやすくなるんですね。
このデコラティブな美しいフォルムはまるで魅せるオブジェのようで、おキレイなマダムと可愛らしい赤ちゃんがこの椅子で絆を深めていったことでしょう・・・。
(僕が赤ちゃんの頃、うちは『イットカン』だったり・・・)

ブログでご紹介をさせていただいてます商品につきましては、お気軽にお問合せくださいね。

2012/11/13

輪郭フレームのシェルフ

1 5708.jpg

1 5676.jpg


パリ郊外にある小さなアトリエで撮影しました。といきたいところですが、ここは山口の郊外にある
ヌゼのアトリエです。『しらない遠い場所-遠い時間。』を漂わせてくれていますこの鉄製のシェルフ
ですが、程よいサイズで奥行があって、そしてアールに加工されたフラットバーのフレームと棚受けが
セットになっています。このフレームがあるおかげで広めの板ガラスが置け、装飾の棚受けとフレーム
の輪郭の魅力が主張されています・・・。

今日はこれらの棚用の板ガラスや鏡の加工で硝子屋さんに行きましたが、次からは全て自分でやることに。(経費の削減でございます・・・。)
それと、ネットオークションでご購入いただきました皆様及び、ご参加・ご覧いただきました多くの皆様。
ありがとうございました。次回は11月末〜12月中頃の間に連続で出品させていただく予定ですので
ソコソコご期待くださいね。(笑) それでは、よろしくお願いします。 
(さぁ、準備に集中しないとです!!)

2012/11/5

無意味だったと思うこと・・・

1 5156.jpg


古い建物が織りなす空間が好きで、フランスでは自然にそういったところばかり見いっていたり。
(キレイなマダムもチョットは、ですが。) 人の生活の匂いが漂う街や村の建物空間には魅了されます。
アンティークの魅力のひとつに、その『匂い』が感じられるところではないでしょうか・・・。

フランスのメゾンでは中庭が暮らしの中で必要なんだなあと感じる。家を建てて十数年の僕が無意味だったと思うことは『見せる庭とアプローチ』を造ってしまったこと。はい、これいりませんね。まあ、当時はいいと思ってやったことなので自分を責めたりはしませんが・・・。(笑) 力を入れたお家の屋外のXmasイルミネーションが、お部屋の中からは見られない。なにかこれと似た感じかな。
今だったら、プライバシーが保たれた使える中庭を優先に、建物の配置などを考えてみたいですね。

この数日、アトリエ内から風に揺れ落ちていく枯れ葉を眺めながら、
商品のメンテナンスや撮影用の造作などをやっています。

【追伸】 画像のFRNCEで、Aが抜けておりました。(苦笑)

2012/11/2

久しぶりの雑貨店

1 5252.jpg

奥さんがショーウインドウをジーーっと覗き見していたのは雑貨店。やっぱり女性はお好きなようです。
で、久しぶりの雑貨店に入ってみましたが、やっぱり気持がワクワクです。(おじさんでも...)
なんか落ち込んだときの気分転換にはおすすめです。
僕はノスタルジックな室内空間が好きなので、主に古い店内を隅の方まで見入ってますが・・・。


1 5257.jpg

やっぱりこちらでは、ノエル商品が店頭に並ぶのが早いです。


1 5259.jpg

ぇ〜っと、地下を合わせて・・何階だったかなぁ?・・・・。
確か上の階にはキルトマットやクッションなどのインテリア用品がありましたよ。


1 5260.jpg

ここは地下一階!。(笑) 造花や、ノエルのオーナメントなどもあったような。
(奥さん、なにやら魚貝シリーズの取皿を買って満足そうでした。)

2012/10/30

前のめり。

1 5174.jpg


ブロカント探集の道中、チョット体を伸ばそうと車を道路脇に止めた。
車から降り、まあ〜伸びること。そしてふと前方を見るとこんな景色が。
『 この旅。これからの人生。どうなるんだろう ・・・』と、気持が勝手につぶやいていた。
で、思った。『 もう、前にいくしかない!!』 と。どうせこけるなら前のめり?(笑)

(2012/10/29)

バゲットのムッスュ

1 5146.jpg


フランスにいると、バゲットを持ったムッスュによく出くわす。
この日は、裸のバゲットをチャリの荷台に紐で縛りつけ、結構なスピードで走るムッスュを発見。
あまりもの速さにシャッターを押すのが間に合わず、小っちゃくなっちゃいました。

(フランスのこんな緩さ、いいなぁ・・・)

かわいいスタンドサイン

1 5554.jpg
1 5555.jpg



昔、小学校にこんなボードがあったような。そのフランス版です。
アン! デゥ! トワ! ・・・・僕にちょうどいいかも。(笑)
上の部分には時計が付いていたのでしょう。なかなかの雰囲気であります。
カフェや雑貨店で、メニューやお知らせなどの カワイイ サインとしていいですね。

アンティークのドームガラス

1 5620.jpg


360度のドームガラスを透過して表現する姿はとても美しいものです。
時折、ふと思いついた物を入れてみたり、普段の生活が楽しくなりそう。
この小さな舞台で演出を凝らしてみてはいかがでしょうか・・・。

ところで、フランスでは定時になると教会の鐘が鳴り、それが心地いいです。
静かなノエルの夜の鐘は、また一段とムーディーなのでしょうか。(たまに妄想したり。)
これからの季節、家にいる時間が長くなりますが、フランスアンティークの品で
お部屋の 『プチいじり』 なんかもおもしろそう・・・。
(ヌゼリトンのアンティークがお役に立てればうれしいなぁ・・・)


書類入れ&ペーパーウエイト

1 5515.jpg
1 5513.jpg


書類が取り出しやすい作りになっているワイヤーの書類入れと、
六角形の形がかわいいペーパーウエイト。(本来は、はかりのウエイト)
いずれも錆枯れ、またこのくたびれ感に心惹かれるものです・・・。


ETAINの深皿

1 5412.jpg
1 5418.jpg


物をしずかに包み込もうとする、意志さえ持ち合わせているかのような、このETAINの深皿。
その姿に、【静止の美】を感じさせられているようです・・・。

ナポレオン・トワの品が多いようです。

n.jpg


今日はアトリエ内の整理で、棚に商品を並べたり作業台を動かしたり。しかし日中はまだ暑いです。
作業の合間、チョットその辺の商品を撮ってみましたが、今回なんとなくナポレオン・トワの品が多いよう。

あ、そうそう、このブログをご覧になっている方の多くが、「商品をどのように販売しているの・・」
と、思われているのではないでしょうか。ちゃんとご説明をしておかないといけなかったですね。
今現在のヌゼリトンの状況を少しお話させていただきますと、前店舗は美容室さんにお貸しすることに
しまして、別の場所で商品の撮影スタジオ・発送作業・倉庫を兼ねたアトリエで業務を行ってます。
販売につきましては、リアル販売はしておらず、ネットオークションのみで販売をさせて頂いております。
(ネットオークションの出品日はこのブログでお知らせします。)
それと、少しずつですがブログでもご購入いただける商品をUPしていこうと思っていますので、
ご覧になってくださいね。それではよろしくお願いいたします。

(アトリエはまだ手付かずな状態。これからスペースを拡張し、心地よい空間にしていきたい・・)

【追申】
先で、リアル販売とWEBショップを考えています。

シャルル・ド・ゴールで一泊

1 5302.jpg

先日お話した、飛行機に乗り遅れた理由ですが、パリ市街での3時間に及ぶ大渋滞が原因。
夕方の雨のパリ、ある程度の渋滞は予測していたもののここまでとは、やっぱりパリ市街は外すべきだった。
で、空港に着いたのが夜の九時半。いろいろ考えたあげく、明日の午後一時半出発の高い航空券をギリで買うことに。空港は午前十二時には完全に閉鎖され、チケットがないと追い出される。恐いワンチャンをつれたマッチョの警備員が僕の後席にいたムッスュのチケットを確認していたが、所持していなかったようで場外に出るよう命じていた。 ( かわいそうだけど・・・警備は徹底されているんだなぁ。)

1 5303.jpg

業務を終了した空港ロビーはこんな感じで薄暗い。

1 5306.jpg

チョィお行儀が悪いですが、食事もとれず、凹んでいるので・・・
小銭が2・3€しかなく、紙幣が使えない販売機のため、奥さんとペットボトル一本の水を分け合うことに。
そしてまた、硬い椅子で寝付けません。

1 5309.jpg

長い夜が開け、空港内のカフェでサンドイッチを。と思いきやバゲットが硬い! いつのか・・・
しょうがなく中身だけをいただくことに。お隣のマデゥモアゼルかマダムわかりませんが、いきなり僕たちに「 チョット席を離れるからバックを見ておいてね。」って言われたのですが、日本人って信用度が高いのですね。

1 5319.jpg

エールフランスのエアバスは初めて乗りますがデカイです。
フランス人のCAさんから機内食を受け取った奥さんが、窓際の僕に渡そうとしたら、そのCAさんから笑顔でプチお説教をされました。「 お家でもこんなふうに何でも奥様にやらせてるの・・・」的なことを言ってたような・・・。

1 5317.jpg

行きは割安チケットのコリアンエアでしたが、サービスも雰囲気も良かったです。もちろんエールフランスもいいですが。でも、娘のいるJALにも乗ってみたいなぁ。 あのJ・ストリーム♪〜♪〜♪〜を聴きながら。

職業?・・・

1 5189.jpg


今回のブロカント探集の旅で5,000kmの距離を車で走り回りましたが気づかされました。事前調査がいかに重要かを。まだこの業界での経験が浅いのでしょうがないですが、ただ、ガチンコぐせは直す必要があるかと。 
ところで、人から職業を聞かれるといつも答えがマチマチなのですが、たぶん自分でも何屋かまだ今のところ把握できていません。(笑) アンティークディーラー?、ブロカンター?、インテリアコーディネーター?、デザイナー?、クリエイター?、骨董屋?、中古品回収業?ゞл*〜※3#@-^・・・・ 2・3年後くらいにはっきりさせよう。ウン。

それと、ここ2・3日で全ての商品が届くと思いますので、少しずつご紹介させていただきますね。

古いフルゴネットとおじいさん

1 5187.jpg


道中、古いフルゴネットとおじいさんを見かけ気になった。
車を引き返して近づいてみる。
おじいさんの姿がないけど、リンゴ畑の奥の方にでも行ったんやろうか。
自家製のシードルでも造りよるんじゃろうか。
開いちょるハッチからそ〜っと覗いてみたら牛乳缶が一本だけ積んじょった・・・。

ブロカント探集の旅から戻ってきました。

1 5314.jpg

1 5322.jpg

フランスのブロカント探集から戻ってきたのですが、今回はいろいろとトラブルあって凹んでおります。
@スピード違反で違反金226€
A帰りの飛行機に乗り遅れて当日航空券4,000€
B輸送時に破損した品物の数々???€
もう、こうまでなると逆に開きなおれる。かな?・・・・・(苦笑)
事故や事件がなかったら"ヨシ"としないと、ですかね。
まあ、高くつきましたが、いろいろお勉強になりました。これからの糧とするぞ!!
旅でのこんなことあんなこと、ブログでチョコチョコとお話していきますね。

で、買い付け商品ですが、数は十分とはいかなかったもののヌゼらしいセレクトの品が集められたと思います。
装飾ミラー/ドームガラス/食器類/ランプ/パーツやナポレオン・トワの椅子など。他にも面白く珍しく
カッコいいものなどいろいろで、フランスノエルのムードを漂わせてくれる商品を中心にご紹介させていただこうと思っています。お楽しみに・・・


炎天

1.jpg

炎天の日が続く屋外仕事は大変そう。先日僕も現場仕事で、この炎天下を避けたく、奥さんと午前四時
から作業を始め、陽が昇る頃には完了させました。やっぱり早朝の作業は効率的だと、あらためて思う。
消防士になったばかりの息子ですが、防火服での訓練が特にキツイのだとか・・・。ガンバレ!

( 屋根の工事をするムッシュたち、タフそう・・・)



FIAT QUBO(フィアット・クーボ)

1.jpg

以前ブログの中で、車の買い替えのことを少し話しましたが、その候補車のご紹介です。
やはり、まだ少し先のことになりそうですが、このフィアット・クーボがイイかなと思ったり。
バンダより大きく、カングーより小さく、ベストサイズかと。全長4mないコンパクトで、
荷物もたくさん積めて(リアシートが簡単に脱着)、乗りやすそうで普段使い向き。
また左ハンドルのMTの仕様が外せず(フランスでの運転を考え)、もちろんイタ車なので問題なし。
そして、目立ち過ぎず、かわいくて、やさしい欧州っぽいデザインに、イタリアらしい鮮やかなカラーが
いろいろ選べていいです。ただ、ディーラーでは今のところ販売されていませんので、並行輸入です。

このクーボですが、FIAT社とPSA(プジョー・シトロエン)の共同開発で、ブジョー、シトロエン
でも別名で販売されています。あと、フィオリーノの名前で商業用バン仕様があり、こちらもいいし、
またリアのツインドアのタイプが好で、でも日本での使い勝手を考えると、ウゥゥゥ〜・・・・・・
今、一番の悩みだったり。〔笑〕

(奥さん、MT車の免許なのに乗れず、かろうじて前後チョットだけ。これもまた悩み・・・)

幸せの指貫

1 4646.jpg


子供の頃、母の裁縫道具で、缶の中に入った多くのいろいろなボタンに興味があって、
よく遊んでいたのを覚えています。その中に混ざっていた真鍮の指貫もなんか好きでしたね。
決して内股になって遊んでいたわけではありません。一応、男子なので・・・。(笑)

この仕事柄、アンティークの生活道具のことをいろいろと調べるうちに、いかに自分が何も知らずに
生きてきたか、と思う。この指貫も欧州では、『女性の幸せのお守り』として、古くから受け継がれて
いるそうです。贈り物だったり、嫁ぐときに一緒に・・・ いいことですねぇ。

母の温もりが伝わる裁縫道具は、いいものです・・・

花瓶&コンポート

1 4381.jpg


蒸し暑い日が続いてますが、アトリエ内にはエアコンがなく、これからどうしょう・・・
肉体労働の汗はいいのですが、商品撮影時の汗はちょっと困りもの。
アトリエの計画、いろいろと妄想はするものの、なかなか・・・
まあ、今年中には方向性が決まってくると思うので、それから一気に進めようかと。
(それまでは、ガマン。)

こちら、トップに花瓶のあるコンポートですが、はっきりいって美しい。
お花とスイーツをこんなコンポートでのおもてなしは、粋ですね。
エレガンス模様のガラスが、涼を感じさせてくれそうです。

手を抜いてはいけません。

1 3994.jpg


先日、お客様にドームガラスを発送するため、梱包作業をしていたところ、なんと割ってしまって、
しばらくは凹んでました。ガラス面に指紋を付けまいと、人差し指で軽く押さえてのフキフキが原因です。
とくに割れ物は、ちゃんと毛布の上でお手入れをしなくてはいけないのに、手を抜いてしまった。
子供には、何事にしても安全に関することは、人が 『やり過ぎ』 と笑うくらいやるんだ!と、
よく言っているのが恥ずかしい・・・。 お客様にはいろいろとご迷惑をおかけしました。(スミマセン)

こちら、渋緑色した琺瑯のグードゥ(水筒)。
実用にはなりませんが、側にあると、なにかしっとりとした落ち着き感を与えてくれます。
( やっぱり、ブロカントはいいなぁ・・・)