キャンドルスタンド 

1 1390.jpg

キャンドルスタンド
AR141
size:H210×Ф100
price:¥8,500

スリムなフォルムが上品な、キャンドルスタンド。
お部屋に置いて見れば、インテリアの楽しみが広がりそうです。

商品を詳しく見る

ブロカントのインテリア雑誌

1 1367.jpg

フランスのスーパーのブックコーナーでも、ブロカントのインテリア雑誌が多く並んでいますが、
この国では古い物が生活の中で、自然に溶け合っていることを再認識させられます。
小物・家具・建材などのブロカントを取り入れたインテリア空間。この落ち着きがカッコいい。
エレガント&カントリーなピュアな大人の空間、エレカン?・・・
フランスの人たちは家でゆっくりとくつろいだり、知人と楽しく食事をしたりと、
家で過ごすのが好きみたいですね。そのためか、家の中は常にきれいで、
庭も手が行き届いているよう。で、インテリアも拘り、楽しんでいるのでしょう。
ゴールキーパーの川島選手がTVで言っていましたが、プレイをしているベルギーでも、
練習が終わるとチームメイトは何処にも寄らず、自宅に直行するんだとか。

(出不精の僕も、伝書鳩顔負けのアトリエと家との間を行ったり、来たり・・・)

『 にこいち 』

1 373.jpg


おかげさまで、
アトリエでの営業も一ヶ月が過ぎましたが、幅広い年齢層の多くのお客様にお越し頂いてます。
ここがブロカントのアトリエと知らずして、迷い込むように入って来られる方も少なくなく、
意外、と言っては失礼なのですが、いままでアンティークにご縁なかったにもかかわらず
三つ四つまとめてお買い求め頂くお客様もいらっしゃいます。これには僕もチョットとまどったりも・・・。
多くの方に、アンティーク・ブロカントを気軽に楽しんで頂けるよう、いろいろと新しいことも
試みながらお伝えできるよう、もっともっと頑張っていきたいものです・・・。


陽の明かりは、季節や場所や時間帯によって様々な表情を見せてくれるものですが、
そこには切り離すことのできない陰の存在があってこそで、つい忘れがちです。
人生も同じで、つらいことの体験だったり、苦しい頑張りがあって陽の目が見れるものですよね。
・・・どうやら、たいていの事が 『にこいち』 で存在しているように思えます。
明暗・上下・前後・男女・合別・表裏などなど・・・
そうそう、表裏の言葉でいつも思い出すことが、宇宙には果てが無いということ。
ここで終わりとする仕切りみたいなものが存在しないからで、たとえその仕切りが気体でも
手前と奥は必ず存在するわけで・・・ 何か変な話になってきたぞ・・・
まぁ、『にこいち』は仲良しと言う事でポジティブに行こう、みたいな話としましょうか。「笑」

(モン・サン・ミシェルの、陽と陰の幻想的な窓明かりシーンです・・・)

TORIKAGO

1 1339.jpg

鳥かご
AR289
size:H40cm×W38cm×D21cm 
Price:¥16,000

経年からなる深色をした木箱と程良くくたびれたワイヤーとの組合せで、
ゴシック様式でよく見られる尖頭アーチ形をしたフランスアンティークの鳥かごです。
リビングや店内のインテリアに合わせて、普段とはまた違った空間が生まれそうです・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヌゼでは12月末までの(土)・(月)と、アトリエでの期間限定営業をしているわけですが、
お越し頂く多くのお客様との新鮮な出会いに接客担当のうちの奥さん、楽しませていただいて
いるようですので・・・お越しになったついでに、チョコットいじってやってくださいね・・・。(笑)
さて、このブログでもごチョコチョコとご紹介している商品ですが、ネット上でもお気軽にご購入できま
すので、メールにてお知らせをいただけましたら『ご購入についての案内メール』を返信いたします。 
それでは、よろしくお願いいたします。

商品を詳しく見る

街歩き

1 1296.jpg


街歩きといえば、NHKの番組で 『世界ふれあい街歩き』 をご覧になっている方も多いと思いますが、
僕も好きでよく見ますが、ナレーターさんによっておもしろみが変ってくるようで。
明らかに花屋さんなのに、「あれ、あの先に見えるのは花屋さんかしら・・・」など、こういった
フレーズは見ている人がわかっていることなので、ちょっと邪魔と思うのですが・・・。
目的のない街歩きは好物で、ノスタな隙間を探しながらの散策は至福のときなのです。
通りから細い路地や門の奥の方に入っていくと中庭が見え、そこに住居やアトリエがあったりする。
・・・こちらにもアトリエを構え仕事ができたら、いいだろうなぁ・・・。

こんな趣きのある扉を使ったエントランスで、その奥の中庭にお店がある。のようなスイーツなどの
店舗デザインをいつかやってみたい。と、思ったりも・・・。
モノトーンの大人の雰囲気で、明るい色合いと甘い香りのスイーツが引き立ちそう

2011.10.15 電気スイッチ

1 1327.jpg


住宅の照明などに使われるスイッチ(SW)は、壁に埋め込むスマートなプレート型が主流ですが、
昔の電気スイッチは壁の外付けのタイプが多いみたいです。
フランスでは現在でも石造りの古い家が多く、電気配管やSWが露出しているのをよく見かけます。
でも、またこの露骨感に味があったりして、個人的には好みなのです。

こちらの丸い形をした白磁のSW。
摘みがリボンみたいで、木にペイントが塗られ、ぽってりとした姿は愛嬌があっていいものです。
ただ、電線を締めるネジの頭が甘くなっていて使えず、同じ物を探すのにはてこずってしまった。
希望を託して最後に尋ねたネジ・ボルト専門の会社でもなかなか見つからず諦めようとしたとき、
普段は入ることのない倉庫の奥の方を、スタッフのお姉さんが必死になって探してくれた甲斐が
あって見つかったのでした。そのネジは古い褐色の紙箱に入っていて、おそらく昭和初期くらい
のものでネジ山は合うのですが長く、頭も少し大きめだったので同じように加工して、なんとか
使えるようになったのでした・・・。
(ネジ頭の溝がシャキっとしていて、これで安心・・・)

2011.10.14 フランスの道路環境

1 345.jpg
1 1299.jpg

フランスの買付けでは一日に数百キロの距離を車で移動するのですが、
道路環境がよく長距離がまったく苦になりません。
交差点のほとんどが信号のないロータリーなので流れがスムーズで、
また、一般・高速道路の制限速度も30〜40km程度、日本に比べ高速。
それに、地方の長距離移動では平野のおかげで、道路の起伏や急なカーブが少なかったりで、
とにかくトレスを感じることなく快適に走れるのでいいです。
地域によっては高速料金が無料で、これがまたとくにれしいのです。
個人的には日本の交差点も可能な場所は、このロータリー式に変ってほしいのですが・・・
●渋滞が緩和され目的地到着が快適で早い。
●信号設備等が不要で節税&節電できる。
など、、ぜひ期待したいものです・・・。(ロータリーの写真でなくてすみません。)

アトリエでは毎週【土】・【月】の12:00 OPENで営業しておりますので、
思い出してくださいね。(笑)

2011.10.9

1 409.jpg


・・・ほんとうに、爽やかな気候が続いてますが、みなさんどんなふうに楽しんでいますか。
僕は積極的に出回る方ではないので、少しはアグレッシブにならないと、と思ったりして・・・。

前回の買付けで、フランスまでおよそ14時間の機内で金縛り状態を我慢し、
パリのドゴール空港到着後間もなくレンタカーで6時間、目的地をひたすらめざす。
これを考えると憂鬱になってしまう。ので、次は国内線で目的地近くまで行き、
そこでレンタカーを借りることに。パリから目的地までの間にあるブロカントに
寄れないのが少し気になるところですが・・・。
(航空会社で働く娘にいろいろと聞いてみたいのですが、まだ新米さんでどうかなぁ・・・)

ありがとうございます。 2011.9.4

1 307.jpg
1 315.jpg


まずは、土曜・月曜とヌゼのアトリエに多くお客様にお越しいただきまして、
ほんとうにありがとうございます。心より感謝申し上げます。
これからの毎週土曜と月曜、気軽にぶら〜っと寄ってくださいね!

・・・この頃のやさしい気持にしてくれる穏やか気候に、元気をもらっています。
僕の場合、ちょっと落ち込んだりしたときに聴く音楽で、元気をだそう的な曲は逆効果で、
やさしくて切ない静かな曲の方が、聴くと前向きな気持になるのですが・・・。
たぶん、「頑張れ!」よりも「そんなに頑張らんでえんじゃない。」の方が気持がリラックス
でき、逆にやる気になるのと同じ感じなのかも、です。

さて、次の買付けのことですが、いろいろと戦略を考えているところでして、
前回のときに、出会った気の合う数人のブロカンターたちのストック倉庫を中心に
攻めて行こうかと思っています。
それともう一つ、ある村でこの植木の間から覗く白い車がやっぱり気になったままで
次は思い切って尋ねてみようかと、仕事とは関係ないですね・・・。
(気に入ったら、どうにかして持って帰りたいっ!!)

【今回のヌゼ アトリエでの期間限定営業のお知らせ】
12月末までの毎週土曜・月曜の12:00〜18:00 OPENです。

いよいよアトリエのお披露目・・・ 2011.9.29

1 1285.jpg


いよいよ10月1日(土)からアトリエお披露目というのに、いまごろになって商品のメンテを
焦ってやっていまして、当然全部は間に合わず、いままでのんびりしていたことを後悔するばかり。
その分、残り二日は徹夜覚悟でいきますよ!
アトリエ内の空間作りや商品の収集と、未熟ながらも準備をしてまいりましたので、
お暇がございましたら気候もよいですしドライブ方々お越しいただき、ヌゼでフランスの田舎を
少しでも感じていただけたなら、うれしい限りです。

こちら、第一次世界大戦の水筒と極細の温度計が入った紙筒。
インテリアのバリエーションが広がりそうな品で、
自分流のインテリアデザインの妄想が楽しくなりそうです・・・。


【ヌゼリトン期間限定の営業日時のお知らせ】
10月1日(土)から12月までの三ヶ月間で、毎週(月)・(土)12:00〜6:00です。

ヤンチャな、ぬいぐるみ 2011.9.22

1 1277.jpg


1 1268.jpg


先日、うちのワン(G.レトリバー)との散歩のときのお話ですが、スタートして一つ目の角で突然
猫に襲撃されたのです。想定外の出来事に、「ウ、ウワア〜っっ!」とへたれた僕の叫び声。
一方、ワンの方はというと、まったくの無関心でその辺りをクンクンしていたが、どうも彼には闘争心が
ひとかけらもないよう・・・。その猫は結構な凶暴ぶりで、背中を盛り上げ「グォロゥ〜」と、
うなりながら一歩ずつこちらに向かってきたのです。
こちらも負けまいとワンのリードを引き寄せ一緒に威嚇を試みたが、あまりもの猫の威圧感に
後ずさりしてしまい、「ビビッテ、ないしっ。」とつぶやきながら、なにもなかったかのようにその場を
立ち去って行ったのでしたが、しっかり鳥肌になっていました。(笑)
情けない僕たちでしたが、、やっぱりネコさんのほうが上手なのですね・・・。
(それにしても、「シャーッ」と左右からの繰り出すネコパンチ、速かったなぁ・・・)

1900年くらいの中身が麦わらでできたぬいぐるみですが、このヤンチャさが愛くるしく、
こうして写真と一緒に置いてみると、いろいろと妄想してしまうもので、
このネコさん、可愛がってもらった主人のことを思い出しているように、感じられたりも・・・。

【ヌゼリトン期間限定の営業日時のお知らせ】
10月1日(土)から12月までの三ヶ月間で、毎週(月)・(土)12:00〜6:00です。

キャンドル形のテーブルランプ 2011.9.18

1 1263.jpg


フランスのスーパーマルシェでは多くの種類のアロマキャンドルが陳列台に並んでいますが、
食事のときや、お部屋に置いて使っている家庭は多いようで、ほのかな灯りとやさしい香りは
フランス人の気持をリラックスさせるのに必要なのでしょう・・・。

経年によって変色された、真鍮のスタンドと木製のキャンドル形のテーブルランプですが、
ソケットの一部パーツが付いていなかったので、フランスのホームセンターでその部品と
電球も一緒に買ったものを、少し加工をして点くようにしてみました。
・・・しかし、このフォルムといいアンティークはやっぱり魅力的なのでありますょッ・・・。

【ヌゼリトン期間限定の営業日時のお知らせ】
10月1日(土)から12月までの三ヶ月間で、毎週(月)・(土)12:00〜6:00です。


追い込んでます・・・ 2011.9.17

1 1253.jpg

ヌゼのアトリエ内の作業も、10月1日(土)からの営業に向けて追い込みをかけています。
満足のいく出来上がり、とまではいきませんが、なんとか皆さんにお見せできるくらいの形には
なったのでは、と思っています。
何事をするにも大変ですが、物事は簡単にいかない方が苦しいけれどいいのだと、自分にそう
言い聞かせながら進めるようにしていて、簡単に成せたことほど、自身を一度疑ってみるのも
必要かと、思ったりも・・・。

・・・ヌゼリトンは何のお店(アトリエ)ですか、と聞かれるといつもお答えに迷ってしまう。
アンテイーク?ブロカント?雑貨?骨董?インテリア?美術館?どれも間違いではないようなぁ....
自分の中ではどれもしっくりこないので、まぁ、『変わったアトリエ』とでもしておきましょうか。「笑」
(遠い時代にあったフランスのエスプリを、ここで感じていただける。はずなのですがぁ...........)

【ヌゼリトン期間限定の営業日時のお知らせ】
10月1日(土)から12月までの三ヶ月間で、毎週(月)・(土)12:00〜6:00です。

アンティークフレームのことですが・・・ 2011.9.14

1 1246.jpg

先日、ブログでもお話しましたアンティークフレームのことですが、
試しで、写真・古紙・押し花を組合せたところ、なかなかいい感じだったので、
10品程度作ることに。
1700〜1800年代が主な古紙は紙質や筆記体の味が様々で、写真と似合ったものを選び出す
のにちょっと迷ったりしながら、押し花もさらにムードが上がるものを添えている、つもりです。
こうしてできる、フレーム・古紙・写真・押し花とが一つになった二つとない遠くの場面です・・・。
( ついつい妄想してしまい、遠くに行ってしまうことも、しばしば・・・。)

【ヌゼリトン期間限定の営業日時のお知らせ】
10月1日(土)から12月までの三ヶ月間で、毎週(月)・(土)12:00〜6:00です。


1 1247.jpg
この古紙、1761年に書かれています・・・。

1 1250.jpg

美しい蝋台 2011.9.13

1 1239.jpg


装飾的で繊細な美しいフォルムでありながら、重厚な存在感を放っています。
この蝋台は、田舎のブロカントで倉庫の奥の奥、人目につかない古い木箱の奥の奥から
探し当てたもので、ヌゼに来るべくして、そんなところに潜んでいたのでは。
と、そんな気がしています・・・。

【ヌゼリトン期間限定の営業日時のお知らせ】
10月1日(土)から12月までの三ヶ月間で、毎週(月)・(土)12:00〜6:00です。

フレンチなバードゲージ 2011.9.11

1 1225バードゲージ.jpg


アトリエ内ではいま、商品のメンテやクリーニングをしながら、思いついた端からディスプレイ。
と、こんな感じで地味にやってますが、思ったよりなかなか手間が掛かってます・・・。

奥深い経年の風合をもつ、優しいアール形をしたバードゲージ。
華美さはないものの、素朴で少し洒落たこの姿はどんなシーンの空間にも合いそうで、
また、ワイヤーから抜けて見え広がる開放感は、リビングや店内の演出におすすめです。
一つ上をいく、インテリアを始めてみませんか・・・。
( 手放すのがとても惜しく残念で、売れないでほしいと、思ったりも・・・)


【ヌゼリトン期間限定の営業日時のお知らせ】
10月1日(土)から12月までの三ヶ月間で、毎週(月)・(土)12:00〜6:00です。

アンティークフレームをこんなふうに・・・ 2011.9.9

1 1194.jpg


10月1日(土)からの営業に向けた準備の方ですが、「そういえばあれも、これも・・・」と、
思い出しながらの用事が増え、早めに追い込んで済ませておきたいところなのです。

よく、開店・新築のお祝いの品やプレゼントで、なにか変わった物にしたい。と、考え
探してはみるもののなかなか思いつかず、一般的でありがちな物になってしまうものです。
ヌゼでは贈り物に合った『アンティークの品』も、いろいろとご紹介できればと思っていて、
他のものとはまた違った、アンティークにしかにい魅力は、気持と共に人の心の中に永く
残っていくものと、そう思っています・・・。

アンティークフレームの修復や清掃しながらの途中、ちょっと思っていたことをやってみようと、
古紙と写真、そして押し花を添えてひとつのフレームの中で合わせてみました・・・。

【ヌゼリトン期間限定の営業日時のお知らせ】
10月1日(土)から12月までの三ヶ月間で、毎週(月)・(土)12:00〜6:00です。

2011.9.6

1 360.jpg

夜もすっかり肌寒くなり、日中の気候も秋っぽく、幾分は過ごしやすくなってきたようです。
この頃になると、やっぱりフランスの田舎が恋しくなってきます。
次の買付けが待ち遠しい反面、仕事の大変さを考えると少し憂鬱な気持ちにもなってしまいます。
まっ、仕事なのでしょうがないんですけど・・・。
こちらは、モン・サン・ミシェルの中層の中庭から見た風景ですが、360度見渡すが山が無く、
どうりで雨が少ないはず。 今ではここまで通じる道路ができ、車や人が楽に行き来できますが、
昔は道が無く、ここの早い潮の流れに飲まれまいと、多くの巡礼者は必死だったようです・・・。

話しはガラッと変わりますが、、同じ敷地内にヌゼリトン所有のテナントが二軒ありまして、
一軒はパン屋さんに使っていただいており、もう一軒は空いてますので、
近くで出店の予定をお考えの方にお知らせです。
詳細につきましての連絡先は、ヌゼリトンまたは建物に表示してある不動産屋さんまで
よろしくお願いします。
( 厨房設備完備で飲食店や美容室とかはいいかも。 オフィスとしても使えますよ。)

【ヌゼリトン期間限定の営業日時のお知らせ】
10月1日(土)から12月までの三ヶ月間で、毎週(月)・(土)12:00〜6:00です。

ヌゼリトン期間限定の営業日時のお知らせ。 2011.9.4

1 1182フランス・アトリエの.jpg


アトリエの内装ですが、残す主な作業としては、柔らかな透け感のあるカーテンを
4mの高さから吊り下げるための、ポールを壁面に取り付けたり、照明用の電気配線や
棚の取り付け、ガラスのシート貼りだったりとか、そんなところです。
あとは商品のメンテ、ディスプレイ、値付けや、アトリエ内が広いので消防法に基ずく申請など、
その他ちょこちょことしたことが結構あったりするのです。
正面に大きな壁を作った以外は基本、たいして変わってはいませんが、雰囲気度はUPしたかと、
思ってはいるのですが・・・。

さて、ヌゼリトン期間限定の営業日時が決まりましたのでお知らせをさせていただきますが、
10月1日(土)から12月までの三ヶ月間で、毎週(月)・(土)12:00〜6:00です。
田舎ではありますが、ぶらりとドライブ方々いらしていただけたらうれしいです・・・。
また、WEB販売も含め、この期間後の営業方法につきましては追々、お知らせしますね。

【ヌゼリトン期間限定の営業日時のお知らせ】
10月1日(土)から12月までの三ヶ月間で、毎週(月)・(土)12:00〜6:00です。

2011.9.1

1 1177.jpg


商品の販売についてですが、10月より12月までの毎週(月)・(金)・(土)で、
アトリエを開放しての直接販売を予定しています。
WEBでの販売は直接販売期間が終わってからの予定を考えています。
なにしろ細々とやっていますので、とりあえず試しとしてこんな感じでやってみようかと。
また商品がこれから徐々に増えていくにつれ、シフトUPしていきたいと思ってます。
ヌゼリトンの建物は基本、ショップとしてではなく、アンテイークを扱うアトリエなので、
他のショップさんとは違って、おしゃれで、かっこよくて、小奇麗で、いつも開いてて、
素敵な商品がたくさんあって、ではありません。
それをご承知で、恐いもの見たさにお暇がございましたなら、ぜひ!お越し下さいね。(笑)
(不恰好に置いてある商品の中を、掘り出し物を探すような感じ?、かな・・・。)

それと、Wild Strawberry Jamさんが山口市に今日OPEN!されましたので、
行かれてみてはいかがでしょうか。
宇部店とはまったく異なったテイストらしいですよ。