ムスティエの一枚

1 1665.jpg


Moustiers ムスティエ
プロヴァンスの谷間にある美しい小さな村、ムスティエ・サント・マリー。
1670年代、ここに住みついた、イタリアの陶工によって造られたムスティエ焼ですが、
フランスではファイアンス(錫白釉陶器)の主な窯元の一つです。
1800年代後期頃の花型のフォルムをしたこのプレートは、色褪せのない柔らかな白肌をしています。
また、18世紀頃の物ほどの厚みではないものの、ぽってりとした程よい厚みは、普段使いに
いいようです。お料理が栄え、食卓を癒してくれる、そんなムスティエの一枚です・・・。

洋画

1 1645.jpg


洋画が好きな叔父の影響で、幼少時からS・マックイーン主演の映画をよく見てました。
この数年前からは、仏・伊の昔〜チョイ昔くらいまでの映画のおもしろさに気づかされてましった。
ハリウッド映画とは違って派手さはないものの、人間が織りなす、現状を裏深く探るような内容、
作り過ぎていないところなど、いいです。と、同時に、アンティークな背景も一緒に楽しめるのも
また魅力で、とくに古い建物の内部には見入ってしまいます。
フランスで、古いアパルトマン・屋敷・お店・倉庫などの内・裏側を、もっと見てみたいものです。
ここは、ヌゼのアトリエ内の様子、薄暗いとチョット、パリっぽかったりも?・・・。

ちなみに奥さん、TV-FOXの 『 LAW & ORDER 』 や 『 ER 』 などを、よく見てます。
どうでもいいことですが・・・(笑)

photo

1 1629.jpg

先程、石油ストーブの替え芯を買いに、アチコチのホームセンターを巡った。その結果、在庫ゼロ。
予約をすると一週間待ちだそうで・・・、いつも後になって気づく、ネット通販でよかったことに。
リビングにエアコンはあるのですが、やはり火のある石油ストーブは、いい。

思い出を残すのに動画もいいですが、個人的には写真の方が好み。昔の古い写真が好きで
ついつい集めてしまうのですが、知らないその当時を妄想するのはロマンなのです。 
こちらの一枚のphoto 。 妄想してみませんか・・・。(笑)
●少年は鶏を抱いています。
●ムッシュはダックスフンドを抱いています。
●マダムは何かメモっているようです。
●右のマダムはメイドさんっぽいです。

2012年もよろしくお願い致します。

1 1576.jpg

さあ、2012年が幕開けしましたが、みなさんはどんなことを考えていますか・・・。
僕は、" ガムシャラ " な一年にしたい、いや、しなければならないと思っていて、そのためにも極力余計な
ことは考えなようにしたいのですが。 『 余計なことは考えない 』 この言葉は、前に進むために必要な
キーワードになりそう。 考えてみるとたしかに、必要な数より多くあるということは、やっぱりよくない
のかも。 物が多すぎると、ムダであったり、バランスがとれなかったり。また、多すぎる選択肢に深く
迷い判断を誤ったり、根拠のない後悔感が付きまとったり。 ほど-ほど、がいいのかも。
・・・いつも余計な話し多すぎ。ですが、(笑) 今年もよろしくお願いいたします。

今年もまた、しらない場所で、どんな人に会えるのかなぁ・・・

よいお年を・・・

1 1583.jpg
1 1584.jpg

昨日は、洗車・家の窓ガラス洗浄・庭の手入れなど、一通り済ませたところです。
今からは、食材の調達でスーパーに行くのですが、凄い人なんでしょうね。普段、僕はスーパーに
行くことがあまりないので、たまに行くと、何かわくわくしてしまう。おやつをおねだりする子供の頃の
気分が蘇ってくるのか、自分でもよくわかりませんが・・・。
こちら、フランス田舎町で木組の古い大きな屋根が印象的な歴史あるマルシェ。その土地の新鮮で
種類豊富な食材や花々が並ぶこの雰囲気に心が和み、とても好きな光景なのであります・・・。
・・・それではみなさん、よいお年をお迎えください・・・。

(かわいい二人のお嬢ちゃん、おねだりに成功したのかなぁ・・・)

八つのちがい探し!

年賀状2012.jpg

今年、ヌゼリトンのアトリエにお越し頂いた多くのお客様には、心よりお礼申し上げます。
そして、このブログを見て頂いている皆様、いつもありがとうございます。
2012年はもうそこまで来ていますが、幸せな新年をお迎えください・・・。
僕にとってこの2012年は、重要な年だと位置づけていて、前へ前へと進んで行こうと
思っています。

この、『八つのちがい探し!』、僕の手作り年賀状で、長年に渡り恒例となっているものです。
コンセプトと、いたしましては・・・
@お子ちゃま〜ベテランの方まで、みんなが楽しめるもの。
Aやる気を起こさせる、お勉強風のもの。
B多くの年賀状の中で印象に残るよう、日本一、長ぁーく見てもらえるもの。
Cカッコつけたデザインは不要、ベタで、かぁーわゅぃねぇ〜、的なもの。
 です。

仕事始めにお客さんから、『あと、三つ解らないのよ・・・』と、このことで電話があることも。
新年早々、イライラさせてしまっているのかなぁ・・・スミマセン (笑)

●期間限定の営業は延長で、1月9日〜30日の(月)・(土)です
 OPEN 12:00〜18:00

願い・・・

1 1547.jpg


先程からこちらは、みぞれ雪が降りだしましたが、アトリエ内は静かなノエルを迎えています。
振り返ってみますとこの一年も、自然環境の大きな変化・紛争・経済の衰退など、世界中の
人々がうろめくかのようで、このような状況はまだまだこれからも続いていくようです。
人は他の動物とは異なり、『楽』という高等な文化・生活を手に入れるべく、つぎつぎと
新しいものを生み出し続けています。それはどうやら、『苦』も一緒に受け入れ、
背負って生きていかなければならないようです・・・。
ノエルの夜に願うこと、世界平和や地球環境のこと、そして家族の幸せ、なのでしょうか・・・。

シスター【修道女】は、何を願い、お祈りをされているのでしょうか・・・

欧州車

1 1293.jpg
1 1298.jpg


欧州車のデザインは魅力的ですが、故障が国産車に比べ多いと聞きます。
新車で、次期モデルチェンジで買い替えるのがいいとか。長く乗るとなると
やっぱりそれなりの覚悟が必要なのでしょうか。車のことは詳しくないので
よくわかりませんが、このような心配も一昔のことだったり。
フランスでは当然、シトロエン・ルノー・プジョーのフランス車を中心とする
欧州車で占めているわけですが、故障で止まっているところを、まだ見た事がない。
日本の日常で、フランスの旧車を乗ることを考えると、心細く不安になりますが
フランスではそんな車が元気にバンバン走っている。それを見ると不安は消え、
最低限のメンテをちゃんとやっていれば、古いフランス車は故障しそうに見えて、
なかなかしないんだ、と思ったりも。どうだろう・・・

さあ、いよいよノエルの夜ですが、小さなお子さんがいらっしゃるお宅がうらやましい〜。
うちの子供達は20歳と18歳ですが、昨年までは諦めず、お菓子入りのブーツを
そぉ〜っと枕元に。そして朝、起きて来た!・・・無表情で一言、『もう、いいから・・・』
・・・デスヨネッ。(寂笑) 

『うぉっ、やっぱサンタいるし!』 家ではクールな息子に、
こんなボケを期待した僕が甘かった。子離れしないと、です・・・。


年末は24日・26日、1月は9日〜30日までの(土)・(月) 12:00〜18:00
1月まで延長しての期間限定の営業となります。

ヌゼリトンで、しらない遠い場所-遠い時間。のノエルをお楽しみください・・・

射し込む陽・・・

1 1520.jpg


建物内に射し込む陽によって生まれる光と影は、建物内に表情を与えてくれるものですが、
季節や天候、時刻によって変わるその表情は、まるで人の感情を表現しているかのようです。
フランスの昔の古い建物は、窓が大きいほど多く納税が課せられていたことや、また、防寒や
防犯対策などから小さめの窓が多くみられ、そのため建物内は薄暗いのです。
そんな薄暗い建物内に射し込む、とくに秋冬の陽は静寂でやさしい表情を見せてくれます・・・。


今日、マダム&マドモアゼルのお客様が多かったですね。まだまだ未完成なヌゼを
すごく気に入っていだいたみたいで、励みになります! それと、ご年配の男性のお客様が
シルバーのスプーンを数本、お買い上げの動機は 『磨いてみたい・・・』 とのこと。(笑)

お元気でよかった・・・

1 1364.jpg

今日、十数年ぶりに、僕が二十代のとき数年間勤めていた小さな職場が懐かしくなり、
突然伺ってみることに。大変お世話になった当時の女性社長(今はたぶん会長)は、
90歳になられていたが、お元気そうで安心しました。会話の中で不思議にも、
『たった今あなたのことを思い出しながら年賀状を書いていた途中だったのよ!』と、
驚いていたが、こういうことって偶然じゃないんですよね。
少しの時間でしたが懐かしいお話ができ、なにより元気でいてくださってうれしかったなぁ・・・。

さて、今後の買付けのことですが、アンティークの椅子や収納棚などの小型の家具も
買い付けたいと考えています。拘りの品だけを集めたいので数量はあまり期待はできない
と思いますが、まぁ徐々に。それと、コンテナ輸送についても色々と低コストの方法を
探っているところで、商品をお安くご購入いただけるためにもここは大事なところなのです。
いずれはアンティークの什器やパーツをうまく取り入れたコーディネートの仕事も
やってみたいと、思ったりも・・・。

それと、期間限定の営業ですが、延長で1月も営業することになりましたので、
ご来店の機会がなかった方、ぜひお越しくださいね。
12月は26日まで、1月は9日から30日までの(土)・(月)のみの営業です。
OPEN 12:00〜18:00

フランス語のイントネーションが自然に身につくかと思い、仕事中ためしでフランスの
ラジオ放送を聴いているのですが、時には仕事に集中しずらいことも・・・

カトラリー

1 1487.jpg


長年に渡って使い込まれてきた、アンティークのカトラリー。
重曹をつけた柔らかい布などで擦るなど、お手入れをすればピカピカになりますが、
そのままの表情で、観賞するのもいいものです・・・。

*スプーン/ホーク 1本 ¥700

★★ 只今、全商品30〜50%OFFのセール期間中です。★★ 

古いランプソケット

★★ 只今、30〜50%OFFのセール期間中です!!★★

1 1482.jpg

ヌゼでは、ランプシェードなどの照明器具が、幅広いお客様にご購入いただいています。
店舗の雰囲気づくりや、お部屋のリノベーションでご利用されているようですが、
やっぱりランプって決め手になりますよね。僕がシェードランプでとくに拘るところは、
古いソケットなんですが、真鍮や銅の表面に青錆が吹いた枯れ色具合はいいもので、
おまけに木製のブッシングがチョコッと付いているとこれまたかわいいものです。
アンティークのシェードと新物のソケットの組合せはよくありますが、
ちょっと惜しいなぁ・・・。
前回の買付けでは、味わい深い電気ソケットにはあまり巡りあえなかったので、
次回はなんとか探し出したいと思っているところ・・・。

1 1470.jpg

こちらは磁器製の屈折形で、壁面取付用のランプソケット。
そういえば、アパルトマンのエントランスに向かう、細い通路部分に似たようなソケットが
付いていましたが、使い方しだいではいろいろと楽しめそう。

あ、そうそう、ソケットには差し込み式と、ねじ込み式のタイプがありまして、
差し込み式は電球が海外球になります。ヌゼではいま在庫がありませんので、
予備分は日本のホームセンターか、ネットで購入できます。
次回の買付けでランプも一緒に仕入れてきますね。
それと、ねじ込み式ランプが使える変換アダプターもありますが、
まだ使ってみたことがないので、どんな感じなんだろう・・・。

アンティークミラー

1 1469.jpg


アンティークミラー。まず装飾が施されたフレームに目が行きがちですが、個人的には
ミラー面の剥離や歪み具合にアンティークならではの魅力を感じます。
そうですねぇ・・・陶器でいうと、貫入や使い込まれた肌の深い味わいのようなもの、かな。
その程よい枯れ具合は、静寂した落ち着きのあるインテリア空間を創り出してくれそう・・・。
チェストやキャビネットの上にちょっと置いて楽しめる、小さめサイズの物もいろいろと
ありますので、見てみてくださいね。

★★★ 只今、絶対お買い得のセール期間中!!★★★

それと余談ですが、このたびおかげさまで18歳の息子が目標にしてきました、
消防官になることができました。今年一番の嬉しい家族の出来事です。
これで娘も息子も目標とする職業に就けて、親としては一安心といったところでしょうか。
学生さんの就職難の状況をニュースで見るたび、子を持つ親の気持として心配になります。
頑張っている学生さんに、「頑張って」というのも・・・でも、ガンバレ!!!
お一人でも多く内定を貰えますよう、切に祈っています・・・。

(少しは、経済的に余裕がてきるかなぁ・・・)

セールのお知らせ!

1 1459.jpg

期間限定のアトリエでの販売は12月26日(月)まてです。
全商品30〜50%OFFのセールを行いますので、ぜひお越し下さいね。


いやがるクマさんにモデルになってもらったのはいいが、ちょっと足の裏が黒かったか・・・。
( いきなり出番を言われてはぁぁ・・・)

『運』 を鍛えたい・・・

1 666.jpg

・・・車で移動中にブロカントを見つけると奮い立ってしまうのですが、
でもそこが留守だったら半泣きになるほど。
ここのプロカントを見つけたときは、ムッシュが出かける寸前で運が良かった。
現地のブロカンターも買付けなどで倉庫を留守にすることも多く、行き当たりばったりでは
この 『運』 が大きく左右するよう・・・。

1 1328.jpg

こちらはブロカントではなく、住居?・・・以前なにかのお店?・・・わかりませんが、
こんなところは何かありそうで、ついつい気になってしまうのですが。
いつの間にかに自分が、くせ者化しているよう・・・。(笑)

ブログでもご紹介したクレッシュの羊たち、先日、お二人の男性のお客様に買われていきましたが、
やっぱり男性にも 『可愛いもの好き』 な部分はちゃんとあるんですね。
( 可愛いがってもらってるかなぁ・・・)

臨時休業のお知らせ

11月26日(土)の営業は、お休をさせて頂きます

1 1292.jpg

gourde

1 1441.jpg

gourde (水筒)
AR302
size:H250×W200×D75
plice:¥18,000

第一次世界大戦時中に作られたと思われますフランス軍の水筒ですが、
機能的でありながら、ユーモアも忘れないフランスらしい粋なデザイン。
百年近く経ったこのグードゥ、一味違ったインテリアシーンを見せてくれそうです・・・

商品を詳しく見る

クレッシュの動物

1 1414.jpg

クレッシュの動物        


size:H75×W110   
plice:¥4,500

ロバ
size:H70×W90
plice:¥4,500


size:H53×W50
plice:¥4,500

フランスではノエルの時期になると、人形を使ってキリストが家畜小屋で生誕された場面の
飾りつけをします。これをクレッシュといって、この動物たちも長年に渡って人々を
楽しませてくれたことでしょう・・・。
どれもにくめない、それぞれの愛くるしい表情。ノエルの夜は小さな幸せに包まれそうです・・・


商品を詳しく見る

キャンドルスタンド

1 1370.jpg

キャンドルスタンド
AR138
size:H140×Ф100
plice:¥12,000

ふっくらとした流れるような曲線美に、深い黒のアンティークの色合い。
小さいながらも趣きを感じさせてくれます。


商品を詳しく見る

キャンドルスタンド 

1 1390.jpg

キャンドルスタンド
AR141
size:H210×Ф100
price:¥8,500

スリムなフォルムが上品な、キャンドルスタンド。
お部屋に置いて見れば、インテリアの楽しみが広がりそうです。

商品を詳しく見る