mannequin

1.jpg


同じように見えがちなマヌカンですが、よく見るとラインやボリューム感がそれぞれです。
このマヌカンは19世紀後期くらいのものでしょうか、当時ドレスなどの下にコルセットでウエストを
ギュウギュウに締め付けて着ていたため、かなりタイトなウエストに。
全体に細めで柔らかでありながら切れのある曲線ライン。美しいフォルムをしています。
付属のスタンドで立ててもいいですが、部屋壁の角の方で高い位置に、ポツンと置いてみても、
何かそそるような空間が生まれそうです。


さて、ヌゼのアトリエ作りの方ですが、地味〜〜〜に進めてます。
いろいろと用事の合間での作業で・・・。を理由にしてはいけませんね。
(アクティブな動きが足りない自分で、反省です。)


2013/10/11