何気ない思い出の方が・・・

1.jpg


またまだ暑いですが、お盆過ぎ頃からは秋の気配がどことなく感じる山口地方です。

さて、アトリエ作りの方ですが、多くの方の予想通り(たぶん)進んでません。
お盆に、土間を整地して砂利クラッシャーを敷き詰め、プレートで転圧しワイヤーメッシュを配置。
この状態で止まったまま、また計画が二転三転。と、こんな状況です。
(大した事をやるわけではないんですけどね・・・)

そろそろ、フランスが恋しくなってきておりますが。
ブロカント探集の旅では多くの我慢が課せられる中、旅の思い出のご褒美がいただけます。
旅では、何気ない淡い出来事の方が、僕にはどうやら、しんみりと思い出に残るようです。
『わかぁるぅ〜。』って方いらっしゃいますでしょうか。

小高い丘を背に、細い路地を足跡を残すかのようにゆっくりと歩いて下った先は、
人影も見えない静かな小さな町でした。そこには町の大きさとは不釣合いな凛とした教会の姿が。
建物の端に小さな扉が片方だけ開いていたので、そこから吸い寄せられるように入ってみた。
中には、祈りの灯が、優しい風と静かな時間に、ただ揺れているだけでした・・・


2013/8/25