大きな扉

1.jpg


フランスの町並みを歩いていて、古いアンティークの建具を見つけるたび数分間の静止状態に入ってしまう。で、ジックリ見たあと、『これこのまま持って帰れないものか・・・』などと、無理に決まっていることを繰り返し思う単純な自分に、いつも愛想をつかしているわけです。(笑)

アンティークの扉(建具)を引き立たせるために、取付ける扉周りの細工を凝らした作り込みが大事かと。ここを手を抜いてしまうと、取って付けた様な感じになりがち・・・


1 2556.jpg


そう、こんな感じにです。 実はこれ、僕の仕事なんですけど。(汗)
いろいろと作り込む予定が、簡単に仕上げてしまいました。

ここは、そうです。ヌゼリトンの元の店舗(アトリエ)で、今は美容室さんにお貸ししているわけですが、予約が取りにくい状態らしく、繁盛しているみたいです。来られる多くのお客さんが、ここの空間を大変気に入ってくださっているようで、またこのアンティークの大きな扉のことについても、多くの問い合わせをいただくそうです。
(うれしいお話です)

ちなみに、この扉の全高は4,300mmもあります。
ひょっとしたらアンティークの扉としては国内最大級! かも?・・・

2013/4/18