サンタさんは、ちゃんと来ます・・・

1 5171.jpg

2012のノエルもいよいよですが、僕には今でもノエル時期になると必ず思い出し、忘れることのないちょっぴり寂しい出来事があるんです。それは僕がまだ保育園の年長さんで、イブの日、『夜にはどのソックスを置いて寝ようかなぁ・・・』なんて、とてもワクワクしてたその矢先に母が言った言葉で、『もう、わかっちょるじゃろ・・・』なんのことかよく理解できず。そしてとどめの一言、『そのカバンの中に入っちょるよ。』でした。古い家の柱にいつも通りに掛かってある買物用のカバン。その中をそーっと覗いてみると安いふろく付きの本が一冊・・・。
まだ幼くてもこういうことって子供は敏感で、すぐに気が付いた僕はその本を両手で抱えるように、障子戸を開けて暗い部屋へ寂しく入っていったのです。 このときは、ほんとに寂しかった。
全国のパパ&ママさん。サンタさんはちゃんといますから。お願いしますよ。
で、いまではそれがトラウマとなっているのかどうか、子供たちが大きくなっても、『今日、ソリが壊れ困ったサンタさんに遇って、直してあげて・・・』などと、今もなをこんなこと言ってます。(笑)

世界中の子供たち、サンタさんはちゃんと来ますから、ご安心を。
この教会の細い裏道でも、遇いましたヨ。


11 1752.jpg

元のアトリエを美容室さんにお貸しするので、家具などの搬出作業を奥さんと二人で昨日やりきりました。この運んで来たレンガも、奥さんがテトリスパズル感覚で並べていたのかも。まぁ、そんな余裕はなかったようでしたが・・・。 体力作業、お疲れ様でした。感謝です。

それでは、心に残る2012のノエルをお迎えくださいね。

(2012/12/23)