『 にこいち 』

1 373.jpg


おかげさまで、
アトリエでの営業も一ヶ月が過ぎましたが、幅広い年齢層の多くのお客様にお越し頂いてます。
ここがブロカントのアトリエと知らずして、迷い込むように入って来られる方も少なくなく、
意外、と言っては失礼なのですが、いままでアンティークにご縁なかったにもかかわらず
三つ四つまとめてお買い求め頂くお客様もいらっしゃいます。これには僕もチョットとまどったりも・・・。
多くの方に、アンティーク・ブロカントを気軽に楽しんで頂けるよう、いろいろと新しいことも
試みながらお伝えできるよう、もっともっと頑張っていきたいものです・・・。


陽の明かりは、季節や場所や時間帯によって様々な表情を見せてくれるものですが、
そこには切り離すことのできない陰の存在があってこそで、つい忘れがちです。
人生も同じで、つらいことの体験だったり、苦しい頑張りがあって陽の目が見れるものですよね。
・・・どうやら、たいていの事が 『にこいち』 で存在しているように思えます。
明暗・上下・前後・男女・合別・表裏などなど・・・
そうそう、表裏の言葉でいつも思い出すことが、宇宙には果てが無いということ。
ここで終わりとする仕切りみたいなものが存在しないからで、たとえその仕切りが気体でも
手前と奥は必ず存在するわけで・・・ 何か変な話になってきたぞ・・・
まぁ、『にこいち』は仲良しと言う事でポジティブに行こう、みたいな話としましょうか。「笑」

(モン・サン・ミシェルの、陽と陰の幻想的な窓明かりシーンです・・・)