2011.6.28

1 329.jpg


今日のネットのニュースで、ある高校野球部が一部の部員の暴力行動を理由に、
学校長の判断で夏の選手権大会を辞退した。とありましたが・・・
全部員たちの気持はどうなんだろう、言うまでもありませんね。
とくに三年生には、一生にこの時しかないのに。
幼少時から甲子園を目標とし、厳しい練習にも耐え、
懸命にやってきた選手も多いことでしょう。

僕の個人的な考えとしては、大会には出場させてあげるべきだと思います。
当然、この暴力問題に対しては指導をしていかなければなりませんが。
部員が一つになって、選手も応援も大会に全力で臨むことで、
この問題を乗り越えるのに、必要な何かに気付いてくれると思います。
家の息子も昨夏、最後の大会、全国高等野球選手権山口大会に出場させていただきました。
一生涯に、この時にしか得ることのできない、仲間との深い絆を胸中に、引退したのでした・・・。
・・・大人のみなさん、よく考えてあげていただけないでしょうか。

たまに多くの人の中にいると、活気をもらったような元気になった気分になります。
ひとっけの少ない静かな場所では、いつもなにか「気配」を探しています・・・。
(怪しくはありませんから。)