2011.6.27

1 597.jpg


アトリエの壁、昨日下塗りが済み、さあ、いよいよ上塗りです。
作業自体は大したことないのですが、質感を出すための思案に疲れそう。
(納得した仕上がりになるかどうか、不安なのです。)

こちら、クレイユモントローのオクトゴナル(八角形を意味します。)です。
主に19世紀、フランス貴族層から好まれたようです。
日本では相変わらずの根強い人気で、市場でも希少品となっているようです。
プレートよりも数が少なく、なかなかお目にかかれないこの台座の付いたコンポティエ。
フルーツやデザートを盛ったその姿は、食卓を裕福にしてくれることでしょう・・・。