2011.6.16

1 547.jpg

1 548.jpg

さて、アトリエのボード張りですが、広いところはほとんど終え、
残すはドア周りの部分だけとなりました。
表面は昔からフランスでもよく使われています、漆喰を塗ります。

ボード張りに使うビスについてのワンポイントアドバイス!!
(知らなかった方。小さなことですが、大きく役立ちますよ。)
ボード張りに限らず木工作業など、DIYの強い味方とでも申しましょうか、
一般のビスとは異なり、先端の一部にカットが入っています。
これによってボードや下地の木材が非常に割れにくくなるため、
下穴が必要な場合でもそのままいけちゃうんです。

その理由は、カットの入った先端部分がキリの代役をしてくれるからなのです。
このビスが木材を削りながらスペースをつくって入っていくのに対し、
一般のビスは押しのけて入っていくので、とくに木材の端や複数本使用した場合、
割れやすくなってしまうのです。お値段は少し高めですがおすすめですよ!
(釘の場合、先端を金づちで少し潰して打ち込むと木材が割れにくくなります。)

※注=とくに小さめのビスや釘を口にくわえての作業は飲み込む恐れもありますので、
    控えることをおすすめします。