2011.6.15

1 343.jpg

いま、街の夜間照明が節電で、以前と比べずいぶんと明るさを抑えているようです。
家のリビング照明も少し明るすぎて、目も疲れるようで何かしっくりこない。
部屋全体を明るくする必要はないので、シェードランプで手元と、あとスタンドライトを
使った間接照明を考えています。ほのかな明るさはリラックスさせてくれそうです。

現代の生活は便利で多くの物に恵まれてはいますが、これが良いのか否か。
現代人は欲求が強すぎるような気がするのですが、何でも"過剰"はいけませんね。
物も気持ちもあまり求め過ぎずに、少し物足りないくらいが丁度いいのかも・・・。

はい。こちらのマダム、素晴らしいお車をお使いになっておられます。
シトロエンAcadiane(アカディアーヌ)です。
フランス車っぽく緩めで、ほのぼのとさせてくれるようなデザインです。
なんといってもこのフルゴネット(商業用貨物車)、とても実用的。
あまりもの収納スペースに、マダム荷台にの乗り込みハッチまで閉める・・・。
こんな"ぼけ"が欲しいところです。「笑」
僕も普段乗りとして、白色ボデーのルノー6という旧車が気になっているのですが、
日本では正規輸入されていなかったこともあり希少車。
内装も含めシンプルでカジュアル、それであって見るほどに味わいが増す、くるまなのです。