2011.6.6

1 460.jpg


アトリエのこと、いろいろ考え過ぎて足踏み状態になりがち・・・。
ある小説作家が 「頭で考えることは、たいしたことない。」 と言っていたが、
気づかされた、考え過ぎは停滞し空回りするだけで、
小さい箱の中でもがいているだけだということに。
張り過ぎた紐を少し緩ませ、進みながら変えていくようにしようと思う。
(フランス人のように、緩〜ぃ感じでいこう!)

さて、革物ですが、買付けでも好みのものに会えたときは上機嫌。
自分で使いたいバッグもありますが・・・そんな"せこい"こと考えてはいけませんです。
すべてみなさんにご紹介させていただきますね。
革は使い込むほど味わい深くなるのも魅力です。
いつかは、オーダーの革靴を履けるようになりたいと思うのですが、
いいものになると数十万円〜だとか・・・。(苦笑)

革。と言いますと、(ぉっ、うまい話の繋ぎ方)革作家のone(ワン)さん。
その持ち前の感性から作り上げられた革の品、上品で優しい味わいが感じられます。
oneさんと知り合ったきっかけは、ストロベリージャムさんで、
可愛らしいカントリーアンティークショップです。
ぜひ、こちらの工房とショップに行ってみてくださいね。
(よい出会いが待ってますよ、きっと・・・。)