2011.5.31

1 296.jpg


・・・先日フランスから届いていたアンティークたち。
今日、奥さんと一緒に検品、お気に入りの鳥かごに少し難はあるものの
皿・ポットなどの割れ物類は全て無事でした。

遠く海の向こうから遥遥お疲れさん、ありがとうと思いながら
一つ一つ丁寧に包みから出します。
そけぞれ何処で、誰から、いくらだったか覚えているのは
どれにも思い入れがあるからなのでしょう。

蚤の市で、まず各ブースをざっくり速く見て回った後じっくりと見て行き
これといった品がなければ終了、これが僕流。
奥さんは序盤からじっくりと丁寧に見回り、いい品が見つかるまでなかなか
諦めません。
そのせいか、レア物をよく探します。
誰にも一つは取り柄があるものです。
悪い意味ではありませんよ・・・。(笑)